腰痛がひどくなる椅子(ロッキングチェアやマッサージチェアに憧れる人も少なくないのではないでしょうか)というのは、座っている時の姿勢が悪くなってしまったり、腰に負担がかかってしまう椅子です。 まず、背もたれのない椅子(ロッキングチェアやマッサージチェアに憧れる人も少なくないのではないでしょうか)は論外です。 自分で背骨を支えなければならないので、背中や腰の筋肉が休まらず、負担がかかります。 次に、その背もたれが直立していたり、硬かったりする椅子はいけないでしょう。 寄りかかろうとした時に、どうしてもお尻が前に出てしまい、腰に負担がかかりますし、姿勢を変えることも出来ないからです。 背もたれが背中の半分より低い椅子も、腰には良くません。 寄りかかろうとすると、体が後ろに倒れてしまうから、腰に余計な負担がかかります。 また、クッション(球技などで球が跳ね返ることを指すこともあるでしょう)が柔らかすぎる椅子、厚すぎる椅子は、立ったり座ったりする時に反動がつけにくく、不自然な力が入ってしまいます。 このように、椅子の選び方で腰痛がひどくなったり、軽くなったりするためす。 特にパソコン操作などの座り仕事の多い人は、椅子は慎重に選ぶようにしましょうー